コラム

一人暮らし高齢者の安否確認の必要性について

超がつくほどの高齢社会の中、核家族化も進み、一人暮らしの高齢者は年々増え続けています。
そうした中で誰にも看取られず、亡くなったことにも気付かれずに死んでしまう孤独死も増えており、いまや年間約3万人とも言われている状況です。
2015年の一人暮らしの高齢者は約600万人といわれています。
一人暮らしの高齢者の心配なことは、孤独死だけではありません。
火災や高齢者を狙った詐欺なども多いので注意が必要です。
また、急に体調が悪化した、転んだ、というような変化も遠方に住んでいる家族では分からないでしょう。
こまめな安否確認の重要性が叫ばれていますが、遠方に住んでいたり、忙しかったりすると、なかなか思ったように連絡が出来ない方も多いようです。
こちらでは、一人暮らし高齢者の安否確認の必要性について、詳しくご紹介しています。

孤独死を避けるためにも安否確認は欠かせません。しかし場合によっては家族が安否確認をしづらい状況もあるでしょう。そういった際には安否確認サービスを活用するのがおすすめです。

・・・つづきはこちら

高齢者が一人暮らしをしているというのは、もはや珍しいものではなくなりました。となりますと、もし高齢者に危険が押し寄せても気づきにくいというわけです。安否確認で防ぎたいです。

・・・つづきはこちら

安否確認をすることによっていろいろなデメリットを排除できますし、高齢者が安心して暮らすことができます。もちろん住宅火災から高齢者を守ることにもつながることでしょう。

・・・つづきはこちら

高齢者が増えている時代ですから、安否確認サービスの需要がどんどん増してきています。らいふコールであれば、とても単純で分かりやすい方法を採用しているのでとても人気です。

・・・つづきはこちら

安否確認の在り方は徐々に変化しており、異変の前兆にも気付くことができるようなサービス提供も為されています。高齢者が安心できるような生活を送るためにも安否確認サービスは必須です。

・・・つづきはこちら

安否確認に関連するサービスの賢い活用により、空き巣をはじめとした様々な犯罪から高齢者を守りやすくなります。犯罪予防だけでなく、安否確認で得られるものは大きいです。

・・・つづきはこちら

一人暮らしの高齢者は押し売りされるとその場で契約してしまいがちです。定期的な安否確認があればその場で契約せずいったん家族に相談する形を取ることもでき、被害を防ぐことができます。

・・・つづきはこちら

ガス漏れは大変危険なため、あえて臭いにおいを付けているのですが、嗅覚が衰えた高齢者は気づきにくくなります。安否確認サービスで定期的に連絡を取ることで救える命があるかもしれません。

・・・つづきはこちら

高齢者はあらゆる感覚が衰えるため、ケガのリスクが高くなります。特に転倒による骨折ややけどは家の中で起きやすいケガであり重症化しやすいため、安否確認の果たす役割は重大です。

・・・つづきはこちら

最近の日本では、地震やそれに伴う津波、土砂災害など、さまざまな災害に襲われやすいです。そのような対策のために、今現在たくさんの防災グッズと安否確認の対応策が考えられています。

・・・つづきはこちら

室内で熱中症になった場合、とても危険な状態と考えられます。いざという時に安否確認をしてもらうことが出来れば、不安な状態が長く続きませんので気持ちも楽になります。

・・・つづきはこちら

一人暮らしの高齢者がぎっくり腰になると、深刻な事態に陥ることがあります。安否確認サービスなら、一人暮らしの高齢者の異常にもいち早く気付くことができ、迅速な対処が可能です。

・・・つづきはこちら

高齢者の生活の中にはお風呂場など様々な危険性が潜んでおり、特に離れて暮らす家族は心配なのではないでしょうか。何かあった時のために安否確認サービスを利用されることをおすすめします。

・・・つづきはこちら

祖父母と一緒に暮らしていない場合は安否確認が大切です。お年寄りは家庭内での事故が多いと言われています。転倒防止策を忘れずに行い、日々の暮らしの安全に注意しましょう。

・・・つづきはこちら

一人暮らしのお年寄りの親がいる場合には、細心の注意を払いましょう。転倒などの事故もそうですが、台風や地震などの自然災害時にメールで安否確認してくれるサービスは大変役に立つでしょう。

・・・つづきはこちら

高齢者による老老介護は社会的な問題になっていますが、もっとも大きな問題は二人とも共倒れしてしまうことがあるということです。安否確認システムならそのような心配もありません。

・・・つづきはこちら

軽度の認知症を患っている程度の高齢者だと一人暮らしをしているケースもありますが、家族からすると心配です。安否確認システムなら軽度認知症の家族に何かあっても対応できます。

・・・つづきはこちら

高齢者の家族がいると外出中に何かあったらという不安に駆られてしまうことも多々あります。安否確認システムを利用していると何か起きたときに携帯に連絡が届くため安心と言えるでしょう。

・・・つづきはこちら

安否確認サービスは重宝されています。危険だと言われている暖房の消し忘れに関しても、安否確認によって確認しやすいので安心感が増すでしょう。らいふコールはおすすめです。

・・・つづきはこちら

高齢者にとって雪は特にやっかいな存在です。大きな事故につながりかねませんし、特に一人暮らしの場合はその家族も心配するでしょう。安否確認サービスがあれば無事かどうかの確認も取れます。

・・・つづきはこちら

安否確認サービスをいかに活用するかが今の時代重要です。例えば老人性うつの予防をはじめ、体調確認、その他さまざまな目的で有効活用できます。メリットが大きなサービスです。

・・・つづきはこちら

老人性てんかんの発作や兆候はなかなか見つけにくいです。子どものてんかんとはまったく異なりますから察知することが難しいですが、安否確認サービスを利用すればそれも可能です。

・・・つづきはこちら

停電になると離れて暮らしている高齢のご両親が心配になってしまいますが、安否確認サービスなら携帯電話を使って無事を確認できます。電話の充電さえできていれば無事が確認できる方法です。

・・・つづきはこちら

遠距離で暮らす家族が退院後に在宅で療養するとなると家族としては不安で堪りません。安否確認サービスを利用することで離れていても無事を確認できますし、安心できます。

・・・つづきはこちら

高齢者の独り暮らしが増えている現代では、こまめな安否確認がとても大切です。安否確認をすることで、階段からの転落など自宅で起こる事故をいち早く発見することができるでしょう。

・・・つづきはこちら

独り暮らしの高齢者は自宅がゴミ屋敷化しやすく、転倒による大怪我などが心配されます。安心して生活するには、安否確認サービスによってこまめに連絡を取り合うことが大切です。

・・・つづきはこちら

高齢者は詐欺に遭いやすいため、対策をすることが大切です。効果的な対策は、家族がこまめに連絡をすることです。忙しくて連絡が難しい場合には安否確認サービスを利用するのも一つの手です。

・・・つづきはこちら

認知症になると徘徊をするばあいがあり、心配のあまり厳しく対応をすると余計に症状がひどくなってしまいますので注意してください。安否確認が行えるサービスを利用することもおすすめです。

・・・つづきはこちら

高齢者向けのサービスで安否確認をしてくれるものがあります。高齢になると戸締まりを忘れがちで心配です。犯罪を予防するためにもしっかりと鍵を閉めることを徹底させましょう。

・・・つづきはこちら

火の元は危険がいっぱいです。高齢者が一人暮らしをしているときには安否確認を電話で行い火を消しているのかを点検することで、離れている家族も安心感を得ることが出来ます。

・・・つづきはこちら

費用について

会社概要

  • 会社情報
  • アクセスマップ

よくあるご質問